>

手続きに関する情報

対象となる家電

家電リサイクル法の対象となる家電は、現時点で4つあります。
テレビ、冷蔵庫、エアコンと洗濯機です。
もっと細かく言えば、冷凍庫や乾燥機なども追加されていますが、皆さんが印象にあるのこの4つではないでしょうか。
また、テレビはブラウン管型から液晶・プラズマ型が普及し始め、その全てが対象になっています。
この家電が選ばれた背景として、リサイクルできる素材が多く使われていたり、普及率の高さなどがあるようです。
せっかく法律として施行しても、実際に機能するだけの利用率があるものでなければ、効果は見えにくいものです。
他にも普及率の高い掃除機や電子レンジなどは、小型家電リサイクル法という別の法律でのリサイクルが定められています。

具体的にかかるコストとは?

品目が4種類といっても、種類や大きさなどはいろいろあります。
また、メーカーによって使っているものも違ってきますので、私達素人にはそう簡単に分別できないのが現状です。
また、個人でできることも限られてきますよね。
そこで、専門の業者が回収・運搬し、実際にリサイクルへ回してもらうために、手数料となる料金がかかります。
主に運搬費用やリサイクルにかかる経費を一部負担する形になるようです。
これらは排出する家電の種類や大きさ、メーカー、回収を依頼する先(家電量販店など)によって違ってきます。
リサイクル料金だけを見てみると、一番高くて5000円弱かかります。
家電量販店で買い換えてリサイクルもお願いすると、ここに運搬費用が上乗せされてきます。


TOPへ戻る