家電リサイクル法をわかりやすく解説します

家電リサイクル法でリサイクルしよう

家電リサイクル法って?

法律として制定されているには、それなりの理由があります。 特に時代が必要としている法律の一つであることは、作られた背景を見ればわかります。 また、法律を理解しやすくもなりますね。 どんな法律なのか、何のために作られたのか、基本的なところを見ていきましょう。

基本情報を見てみよう

私たちの生活に欠かせない電化製品は、ひところに比べて種類も数も多くなってきました。
必需品である生活家電のほかに、パソコンや食洗器、お掃除ロボットなど、普及率はぐんぐんと上がっています。
それだけ私たちの生活に欠かせないものになっているという事ですね。
長く使えればいいのですが、壊れてしまったり、モデルチェンジなどで使い勝手が良くなったものが欲しくなったりと、様々なケースで新しく買いなおす、という事が起こります。
今は特に、省エネ対応しているものが人気のようです。
こういった、家電量販店などで電化製品を買う時、古くなったものを処分してもらう事がありますね。
量販店がサービスとして行ってくれているものもありますが、一部の家電は法律によって処分する方法が決まっています。
それが、家電リサイクル法です。
家電リサイクル法では、比較的大型の白物家電を処分する際の方法と料金を定めています。
法律の内容や具体的な対象家電などは後で出てきますが、この法律は経済産業省と環境省が関わっています。
資源を無駄にすることなく効率的に再利用すること、不法投棄や違法な有害物処理などの問題に歯止めをかけることが目的です。
また、家電を回収する許可を持たずに営業している無許可業者などに誤ってお願いしてしまい、不法投棄などのトラブルに巻き込まれるなど、私達自身にもふりかかることです。
家電リサイクル法を正しく理解して、適正に処分する方法を知りましょう。

手続きに関する情報

対象外の家電は受付けてくれませんから、無駄な動きは避けたいものです。 かかるコストも把握しておくことで、想定外の動きや出費は避けられます。 紛らわしい家電もあったりしますので、事前に確認しておきたいですね。 手続きに関する基本情報を押さえておきましょう。

いくつかの方法を知っておく

対象の家電を処分するタイミングとして、大きく分けて二パターンあると思います。 準備期間がある場合と突然発生する場合、どちらも考えられます。 処分についての大まかな流れがわかっていれば、どちらの場合でもあわてずに済みますね。 発生ケースにもよりますので、いくつか処分パターンを知っておきましょう。

TOPへ戻る